fc2ブログ
【このブログは旧サイトです】NZオークランド在住。自称オークランドの外食王?そしてNZワイン大好き!時々は帰国して、日本でも食べまくっています\(^o^)/
2016年05月04日 (水) | 編集 |
週末が明けて

また月曜日がやってきた

ビョーキ発症から2週間近く経ち

いつ治るのだろうとしびれを切らし始めたdaneko


帰国したらいつもすぐにたずねる

神ワザ・マッサージ師のところに行こうと思った

もうそろそろ運転していけそうである


しかし、どうしたことであろう


いつもは休みでも電話にでる彼が

その日に限ってずっと留守だ

天はdanekoを見放したか・・・


結局月曜日は一日家でウンウンし

火曜日の昼間、やっと電話が通じる

午後4時半ころから、見てくれるという


正確には、その人はマッサージ師ではない

本業は別にあり

マッサージ(と便宜的に呼んでいる)は

ライフワークなのだそうだ


danekoはビョーキ以来初の運転に挑戦

お腹イタで目的地につけるか心配だったが

幸運にもトイレに行きたくならず

無事40分くらいのドライブで到着


福岡中心部から郊外へ

渋滞などあってなかなかに遠いのである


久しぶりに訪れたdanekoを見て

神業氏は流石にビックリ


そりゃそうだよね

頬もげっそり落ちて

顔色はビョーニンそのもの


まず、額のあたりからほぐしていく

腕も足も筋肉がごっそりと落ちて

「danekoさん、3キロは痩せましたな」

というが、danekoの感覚では

3キロ程度ではない


しかし、神業氏にかかると

冷えきった手も足も

見事に息を吹き返し、温かくなっていく


エビ寝で痛めかけた腰も

随分とほぐれた


「これは・・食べないといけない

吐かない程度に無理して食べないと」


と、独特のアドバイスもくれる


しかし、他の部分を温めている間に

さっきやった部分がどんどん冷えてきて

danekoは寒い寒いと思い続けた


1時間半と少し

danekoは水を飲みたくなったので

そう言ったら「はっさく」をくれた


ご実家のお庭のはっさくだそうで

無農薬、ほったらかしのナチュラルだ

ジューシーで酸味がたっぷりで美味しかった


その夜

トイレに行ったが、カラダに力が入っていた

悪いものが随分出て行ったような気がする


2日後にまた予約を取っておいてよかった

とdanekoは久々に安心して眠りについた



関連記事
テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック