fc2ブログ
【このブログは旧サイトです】NZオークランド在住。自称オークランドの外食王?そしてNZワイン大好き!時々は帰国して、日本でも食べまくっています\(^o^)/
2016年04月26日 (火) | 編集 |
優男医師とは

「胆石、胆管炎あたりかも・・」

などという話はしていた


すべての検査を終え

やっとのことで豪華な待合室に戻ってくると

親切な問診の看護師さんが飛んできた


「danekoさん

やっぱりおっしゃってたとおり

なにかあるらしいですよ」


うむ、やはり

重症便秘ではなかったのだ


が〜ん。。。


診察室に入ると

優男医師は

danekoの炎症反応数値が異常に高いことを告げ


さらなる検査のためにCTをするという

そうか、仕方がない


でも、CT高いだろうなあ。。

daneko、

もう日本の住民票は抜いちゃってるから

保険ないのよね


とかなんとかいってもいられず

造影剤を入れるための点滴針を刺されるdaneko


しかし、針は入らない

血管の細いらしいdanekoは

上手な人しか点滴針を入れられないのである


すったもんだした挙句

CT室でしようということになった


CT室の看護師さんは上手な人で

針はすっと入った


苦労して仰向けに寝ると

TOSHIBAのCTにdanekoは入っていく


とはいえ、CTスキャンは箱ではなく

オープンな空間でするから

閉所恐怖症のdanekoでも怖くないゾ


が、造影剤が下腹部を通るとき

なんとも言えない気持ちの悪さがあった

ヌルっと、何かが下腹部を通って行くのだ


やだね〜、CT

もうこれっきりにしたいと願う

なんかのビョーキのdanekoであった。。


スポンサーサイト



テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体