fc2ブログ
【このブログは旧サイトです】NZオークランド在住。自称オークランドの外食王?そしてNZワイン大好き!時々は帰国して、日本でも食べまくっています\(^o^)/
2011年03月02日 (水) | 編集 |
仙台市の予備校(河合塾)に在籍していた浪人生が、カンニングをしたことではなく、偽計業務妨害罪とかいう、なんかわからないツミで逮捕された。

danekoはこれ、結構ショーゲキでした

① まず、大学入試とはいえ、カンニングで警察に逮捕されちゃうこと。

ど~なんでしょう、これ。。。。


普通?の試験場内でのカンニングであれば、退場、試験失格で済んでいたであろうし、当然ケイサツ沙汰になどならない。

今回は、携帯電話からインターネットの質問サイトを使うという、ちょっと特殊な事例だったので、大学も警察も過剰反応しちゃったのでしょうか(~_~;)


だって、考えてみてほしい。もちろん、大学入試でのカンニングは重大な反則行為だが、19歳の単独犯行。動機は 「とにかく受かりたかった」、という悪質とは言えないもの。試験中に見つかって大騒ぎになり、試験の妨害になったとでもいうのならともかく、逮捕って・・・

新聞に名前こそ載らないが、河合塾の仙台校、出身の山形の高校ではとっくに個人名が分かっている。人の口に戸は立てられないから、彼の人生がこの一件で真っ暗になる可能性大・・・

京都府警は、これまでIT系の犯罪の立件に強硬だという評判らしい(これは裏付けのないウワサだが)。京都大学、同志社大学を受けなければ、こんなことにはなっていなかったのかも


② カンニングで逮捕ができないから、偽計ナントカ罪を無理やり適用していること

昨日の日経の社説によれば、カンニングは法律で裁けないそうである。それで、こんな不自然なツミをこじつけたところが、コワいな~

なんか正式には罪にならないことでも、こじつけで逮捕されてしまう社会なのか・・・


③ 大学の監督責任の所在があいまい

だいたい、この受験生の監督をしていた監督官は、何やってたの?

監督官は大学の先生などが休日出勤でやっているようだが、試験前に注意事項として「不正行為はダメですよ」って言えば仕事は終わりだとタカをくくっていた可能性もある

監督官には、カンニングを見つけられなかった。さらに、なんらかの不自然な行為も見受けられなかったのだろうか?

携帯を操作していたのに・・・

そこに、受験時の監視体制のそもそもの欠陥があるかもしれない。

彼のいた教室の監督官の責任が何も問われないのなら、大学側の組織防衛のため、ひとりの受験生を逮捕して大学側は何も責任を取らずに幕引き? と思われてもしょーがない。

これは、単に表面上の事実をなぞるだけでなく、日本人ひとりひとりがよ~く考えた方が良いのではないか。


④ もはや、すべての情報は監視されている

これが一番、コワいな~と思ったことだった。

「悪いことしたんだから、携帯の記録やIPアドレスも調べられて当然」と、思うだろうか?

しかし、悪いことをしてなくても、警察や検察に 「悪いことを(たぶん)してるぞ」と思われたとしたら・・

そのとき、必要もないのに、私たちの携帯やネットの記録はすべて引きはがされ、白日の下にさらされ、後日悪いことをしていなかったと分かったとしても、際限のない気持ち悪さが残ると思う。

ネットや携帯を使うのが嫌になってしまいそうだし、大体、ものすごいプライヴァシーの侵害なのに、警察も検察も何もしてくれないはずだ


はああ~、いや~な社会に住んでいますね。まあ日本に限らずでしょうが・・・


アメリカでの実態はこちらの本で読んで驚きましたが・・・
 
アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
(2010/03/30)
堤 未果

商品詳細を見る


航空機の搭乗拒否名簿の存在

テロリストとたまたま同姓同名だった人の悲劇

社会運動をした学生への搭乗拒否

反体制の議員への執拗なボディチェックと嫌がらせ・・・



日本もアメリカ追従型だし、殆ど同じなのでは・・と、暗澹たる気持ちになりました


 



スポンサーサイト



テーマ:雑記
ジャンル:その他