fc2ブログ
【このブログは旧サイトです】NZオークランド在住。自称オークランドの外食王?そしてNZワイン大好き!時々は帰国して、日本でも食べまくっています\(^o^)/
2011年02月15日 (火) | 編集 |
danekoは、怒っていた


@福岡空港国際線で手荷物検査中に・・・

danekoの機内持ち込み用バッグは、ブーっと鳴ったのだ


まあ、たまにはあることなのだけれど、

最近はあまり無かったのに・・・


そしてそのたびに、「液体物がまだありますね」と言われ、

バッグから化粧品やシャンプーの入れ物などが取り出された


最初は、

「もう一度、検査に掛けてもいいでしょうか?」と聞かれるたび、

「どうぞ~♪♪」

と、にこやかに応対していたdanekoだが、

だんだん、おかしいと思い出した


なぜって、たまたま空だったクリームのボトルまで、取り出されている

「空容器も対象になります」 というが、

????


あの~、センサーって、液体物に反応してるんじゃないの??

空ボトルにいちいち反応してるって言うことは・・・


danekoは考えた

この空港のスキャニング機械は、どうなっているのか・・・


だって、液体物に反応しているのなら、

空きボトルは空きボトル(もちろん、内容量100グラム以下の小さいもの)

いちいち鳴るはずがない


それをいちいち、ブーって鳴らして止めているということは、

モニターを目視している係官がそれらしい物体を目ざとく見つけ、

液体であろうとなかろうと、ダメ出しをしているということではないのか


う~ん、悪いレーンに当たってしまったようだ

マニュアルに100%従うという、アタマがっちがちの人間が、

数年前に国交省が決めた液体物持ち込みルールをいまだにシーラカンスの如く踏襲し

モニターを逐一チェックしているのだろう


しかし、目視に頼っているということは、機械が古いのだろうか??


DSCF1815+1.jpg
こんなに出て来ました

呆れてしまいますが、

実はこれ、最近danekoの手荷物の定番(^^♪

世界中、殆どどこでもブーって鳴らなかったので、

すっかり油断しておりました


ぽちゃぽちゃするような液体はほとんど無く、

固形と言えるようなクリーム類(傾けても動かない)と、

ドロドロのシャンプー&コンディショナー(振ってもなかなか出てこないのが悩み)

洗顔料に至っては、本当の泥だという。。。


鉄壁の守りは、福岡空港国際線の、

なんちゃってモニターにより、破られたのでした



液体がダメというのなら、ちゃんと液体のみをセンサーしてくださいよ

液体かもしれないものじゃなくって・・・


ったく、人海戦術で、変な検査しないでよ.....

と、danekoは内心思っていた


係員は、これらを全部捨てて行けという。

隣では、中国人の若いツアー客が、化粧品やヘアトニックなどを出され、全部捨てて行っている


しかし、danekoはそれではマズイ

バンコックを経てオークランドに至る24時間あまり、

グルーミング用品は必要だし、

オークランドに着いてから、調達できるようなものではない


くうう~・・・ここは何とか持ち込まなければと、

少ない脳ミソを働かせるのであった



続きます m(__)m












スポンサーサイト



テーマ:飛行機(航空機)
ジャンル:旅行